バリオスⅡ ステッププレート交換

バリオスⅡ メンテナンス

こんにちは、ピンです。

 

今日は楽しみなバリオスⅡ ステッププレートを交換します。今回がバリオスⅡの最後のメンテナンスになるかは、次回の記事も併せてご確認下さい。

 

作業難易度 ★★☆☆☆

作業費用  ★★☆☆☆

作業頻度  ☆☆☆☆☆

 

※素人が作業しますので、参考にされる方は自己責任でお願い致します。

現状確認


まずは現状を確認します。コメリでマークⅡさんが、見事に針金でステップを固定してくれましたので、天草から無事に熊本市内まで戻ってこれました。
マークⅡさんへ「あの時は本当にお世話になりました。ありがとうございます。」

ステッププレート外し


まずはペンチで針金を切り外します。ガッチリ固定してありましたので、なるべく傷が入らないように、針金を外します。

ステッププレートを外す前に、マフラーにダメージを与えないように、紐でマフラーを固定します。


素人がマニュアルなしで、作業していますので、どの順番が正解か分かりませんが、
私はマフラーを固定してる14mmのネジを、試験に出るやり方で、ラチェットとメガネレンチで外します。

次にヘ6mmの六角レンチで、ヘキサゴンネジを外します。


リアブレーキスイッチを固定してるネジを、10mmのレンチで外します。
あとからスイッチ調整に戸惑ったのは、内緒の話ですw


一番負荷がかかるステップを固定してるヘキサゴンネジには、ネジロック剤がついていますので、6mmのヘキサゴンラチェットで外します。
これでステッププレートが、フレームから外れます。


タンデムステップを外す為に、ラジオペンチでEリングを外します。
専門工具があると便利に、Eリングを外せそうです…。ボソ


タンデムステップの装着順はこちらです。可動部のネジに周辺には、グリスアップしましょう。


忘れずにブレーキスプリングの固定ネジを、10mmのメガネレンチで外します。


新旧比較してみました。私は貧乏性なので、新品特有のフィルムを剥がすのを躊躇いましたが、フィルムを剥がさないと、作業が進まないので、剥がしましたw


外した手順と反対に、新しいステッププレートを装着しました。

まとめ

これでバリオスⅡの、ステッププレート交換が、無事に完了しました。交換するパーツはすべて交換しましたので、次は試運転に行こうかなぁ~☆

 

みなさんにとって、素敵なバイクライフが過ごせますように…。

コメント

  1. もっち より:

    どうもKawasakiの弱いところみたいで 鋳物のステッププレートは
    立ちゴケ程度でよく折れてしまうみたいですね
    友人の12Rも出先で立ちゴケでステップが折れて帰ってくるのに
    大変な思いをした事を思い出しました。
    その点HONDA車は、強いです。
    OEM生産物(鋳物メーカーが同一)だろうと思うんだけど・・・
    鍛造工法の基準が違うのかな~?
    でもやっぱり新品のパーツって気持ちいいね~

  2. ピン より:

    もっちさんへ
    いつもコメントありがとうございます。
    やっぱりカ、カワサキか…。
    でしたかw
    実は旧プレートは、2か月前に新品へ交換されていますので、
    まともに使用した距離は、500kmぐらいじゃないかと思われます。
    やっぱり社外のバックステップに、交換したいと思いましたが、
    一つでも社外パーツを付けると、カスタム熱が出そうなので、
    基本的に純正部品を取り付けます。
    でも私のバリオスは、経年劣化が激しいので、
    カスタムパーツを装着して、少しでも性能をアップさせたいですねw

  3. てんてん より:

    そっか~
    折れた場所が場所だけに
    ステップだけじゃなくて
    ステッププレートごと換えなければいけなかったんですね^^;
    お疲れ様でした。

  4. ピン より:

    てんてんさんへ
    いつもコメントありがとうございます。
    ステップは傷が入ったぐらいでしたが、
    ステッププレートは、完全に折れていましたね。
    ステッププレートの強度を抑えて、
    フレームのダメージを軽減したと思えば、
    安い買い物だったのかも知れません。

タイトルとURLをコピーしました