イージス リフレクト イージスと比較レビュー

4.5
ショッピング

こんにちは、ピンです。

 

昨日ワークマンplus 熊本平田店で購入したイージス リフレクトを紹介致します。

折角ですのでイージス リフレクトと、2017年ノーマルイージスの比較も行いたいと思います。


イージス リフレクト イージス比較レビュー

イージスを2着も必要なのか疑問でしたが、私がイージスで一番困る問題を解決出来たのが購入の決め手でした。

イージス リフレクト

こちらがイージス リフレクトとなります。サイズはMサイズです。奇跡的にMサイズを購入できたのも嬉しかったですね。

イージス リフレクトは税込み6,800とめちゃくちゃ安いです。冬場を走行するライダーさん達は、すぐにワークマンへ走りましょう!


ジャケット

フードにアジャスターが付いておりますので、フードを調節出来るようになっております。

ツーリングで使用するならフードは邪魔かもしれませんので、フードを外せるのは嬉しいですね。

ポケットサイズ

外側のポケットは左右ありまして、ポケットサイズは結構大きいです。長財布は難しいですが、二つ折り財布なら収納する事が可能です。

袖口

袖口にはマジックテープで調節可能で、なおかつ二重袖口になっており、親指を通す事とで、袖口からの風の侵入を防ぐことが出来ます。

背面

ジャケット背面にはウエスト調整用のマジックテープがあります。

リフレクター

イージスのロゴは光が反射します。

腕から肩のラインも光が反射します。

ジャケット内部

ジャケット内部を見てみましょう。マジックテープとチャックで開けます。

内ポケット

内ポケットは左側のみありまして、結構な大きさのモノが収納出来ます。

タグの上に紐が付いています。あまり強い紐じゃありませんので、強い負荷を掛けますと紐が切れる可能性があります。

パンツ

こちらがイージス リフレクトのパンツとなります。

パンツのウエスト部分はマジックテープで調節可能です。

裾口

裾口もマジックテープで調節可能です。

内ポケット

カイロを入れれそうな大きさの、内ポケットが付いております。

イージス比較

肝心のイージスの比較ですが、イージス リフレクトのほうが襟が3cmほど低いです。

耐水圧はどちらも10,000mmですが、透湿度が3,000g/㎡から5,000g/㎡に上がっています。

イージス リフレクト着用

ノーマルイージスを着ていますと、襟とインカムのB+COM SB4Xが干渉し、接触不良を起こしているのが難点でしたので、襟が低くなった事も購入の決め手でした。

袖の長さもおおよそピッタリだと思います。イージスを着る季節では、ウインターグローブを着用しますので、袖がだぶつかないのは嬉しいですね。

一応フードを被ってみます。フードはツーリング先で、雨が降った時にに大活躍しそうです。

もちろん防風性も折り紙付きですので、冬場のツーリングも安心して走る事が出来ます。

イージス リフレクト全身確認

9月はまだまだ暑い日が続きます。こんな格好してご近所の方に、白い目で見られながら動画を撮影しましたw 同情するならコメントをお願い致します。

バリオスⅡにまたがってみました。袖もピッタリです。

裾もピッタリです。実際にはメッシュシューズではなく、防水バイクシューズを履く予定です。

動画公開


今回のブログ写真は全て動画切り出しです。本編は動画にありますので併せてご確認下さい。

宜しければ高評価チャンネル登録も宜しくお願い致します。

まとめ

イージス2017年モデルの難点を克服し、目立つイエローカラーから、ブラックカラーのラインナップが増えましたので、イージス リフレクトを購入しましたが、買って良かったと思います。



11月以降にインプレ動画や、インプレ記事を公開致しますので、今後とも明日はどこに疾風が吹くを宜しくお願い致します。

 

みなさんにとって、素敵なバイクライフが過ごせますように…。

コメント

タイトルとURLをコピーしました