バリオスⅡ イグナイター

バリオスⅡ メンテナンス

こんにちはピンです。

 

以前お問い合わせでバリオスⅡのイグナイターについて、下記の様なコメントを頂きましたので、ご紹介していきます。

お問い合わせ内容

こんにちは!メンテナンスで困った時によく拝見させて頂いており、わかりやすい解説にいつも助けられています。 バリオス2に不調がありバイク屋に持っていくと、おそらくイグナイターの故障と診断されました。(文章が長くなってしまうので不調の現象と試してみた事はここでは省略させて頂きますm(_ _)m)

イグナイターの中古値段は高いので 念のためイグナイターの異常がないか確認してみたいです。確認方法としてはイグナイターの抵抗値を測定する方法があります。 しかし、抵抗値の情報がネットに無く、困っています。そこで、様々なメンテナンスをしている管理人さんならご存知かと思い相談させて頂き頂きました。 お手隙の際にご連絡頂けますと幸いです。

反応が遅れた理由(言い訳)

お問い合わせ【フィードバック】は基本的にスパムコメントしか来ないため、お問い合わせの確認に時間がかかり、返答が難しかったため、この様なブログ記事とさせて頂きます。

またお問い合わせ内容がありましたら、コメントして頂けると反応が早くなりますので、お手数ですが宜しくお願いいたします。

バリオスⅡ サービスマニュアル

まず私が所有しているサービスマニュアルにその項目が記載されておりますが、その項目を写真やコピー(PDF)にしてブログに公開すると知的財産権の侵害となりますので、今回は自作したスライドやエクセル表を使って説明していきます。

動力の流れ

最初に動力の流れを説明しますが、イグナイターの信号をイグニッションコイルで高電圧化させその信号をスパークプラグで放電する事で、エンジン内部で燃料(レギュラーガソリン)と空気を利用し爆発させピストンの上下運動によりクランクを回し、動力をトランスミッション、フロントスプロケット、チェーンを経由しリアスプロケットからリアホイール、リアタイヤへ以降し、車体が進行方向へ進む事となります。

イグナイターとは

こちらがバリオス(前期型)のイグナイターです。

こちらがバリオス(後期型)のイグナイターです。

※バリオスⅡのイグナイターは形状が全く違います。機会があれば写真を追記いたします。

次にイグナイターの説明ですが、ECU(エンジンコンピューター)からの信号で点火コイルを駆動するための部品です。 点火コイルは、通電(通常はDC12V)してから一定の時間をおき、切り離した瞬間に高電圧を発生させ、点火プラグに放電させます。 このコイルに通電する、切り離す役割を持つのがイグナイターです。

イグナイター断面図

こちらがバリオスⅡ(ZR250-B)のイグナイター断面図となります。この図はサービスマニュアル画像をパワーポイントで作成した図となりますので、縮尺は違っているかと思いますがこれで番号が分かるかと思います。

イグナイター内部抵抗一覧 単位:kΩ

内部コンデンサの影響でテスター棒をあてた瞬間にメーターの針が大きく揺れ、ゆっくり安定します。その安定した所で数値を読んでください。

まとめ

バリオス、バリオスⅡは生産終了してからかなりの年数が経っており、自分でメンテナンス出来る知識や工具がなければ、現行車の新車を購入するぐらいお金が掛かります。今回は反応が遅れた事の謝罪の意味を込めてメンテナンス記事を更新しましたが、このブログ記事を作成するのに4時間要しておりますので、もしバリオス、バリオスⅡを維持していくのであれば、サービスマニュアルの購入をお勧めいたします。

 

全てのバリオス・バリオスⅡ乗りにおいて、バイクトラブルなく無事故無違反で運転し続けれますように…。

コメント

タイトルとURLをコピーしました