バリオスⅡ キャブレター清掃

バリオスⅡ メンテナンス

こんにちは、ピンです。

 

今日はバリオスⅡのキャブレターを清掃したいと思います。バリオスⅡに乗り出して、エンジンコールド時のアイドリングが安定しない事と、エンジンが温まったら、回転数が上がりすぎる現状ですので、キャブレター清掃をして様子を見たいと思います。

 

作業難易度 ★★★☆☆

作業費用  ★☆☆☆☆

作業頻度  ★☆☆☆☆

 

※素人が作業しますので、参考にされる方は自己責任でお願い致します。

キャブレター着脱準備


ちょこちょこと傷が入っているのが気になりますが、長い目を見て直していきます。
キャブレターとエンジンの接続している、キャブレターホルダー400mmの+2ドライバーで、ネジを4箇所外します。

後々このネジを外した事が、後悔する事になりますので、次回はネジを緩めるだけにしておきましょう。

フューエルタンク外し

次にキャブレターを外すために、フューエルタンクを外します。外し方はバリオスとほぼ同じです。
サイドカウル+2のドライバーで2箇所外し、サイドカウルを車体に平行に外します。
フューエルタンクを外す際には、12mmのラチェットレンチと、75mmのエクステンションを使用しました。

エアクリーナーボックス外し


エアクリーナーカバーを外す為に、10mmのラチェットレンチと、75mmのエクステンションを使用し、計5箇所のボルトを外しました。

エアクリーナーを外す為に、8mmのT型ソケットレンチで、8箇所のボルトを緩めます。

キャブレター接続パーツ外し


キャブレターを外す為に、ガソリンホースと、エアホースを外します。エアホースはエアクリーナーボックスの上部と2箇所繋がっています。

冷却水ホース外し


キャブレターから冷却水ホースを外します。冷却水ホースを外したら、冷却水が垂れないように養生します。チョークワイヤーとアクセルワイヤー2本を外します。どちらもスイッチボックスを外すと作業効率があがります。ついでにワイヤー注油も行いました。

キャブレター着脱


エンジンからキャブレターを外しました。汚れている箇所はパーツクリーナーとウェスで綺麗にし、汚れが入らないように養生します。

キャブレター分解


バリオスⅡのキャブレターです。冷却水のホースを4箇所外します。

キャブレター確認


キャブレターはあまり汚れては居ませんが、ジェットやフロートを外して洗浄します。

チャンバーボックス外し


チャンバーボックス+2ドライバーで8箇所外しフロート+2ドライバーで4箇所外します。


フロートを外し、フロートバルブを確認します。汚れているのは私の手だけですので、ココは洗浄しませんでした。このあとバルブシートをネジザウルスで外します。

パイロットフューエルスクリュー確認


マイナスドライバーでパイロットフューエルスクリューを4個外しました。

メインジェット確認


マイナスドライバーと8ミリのスパナを使用し、メインジェットホルダーを外しました。

スロージェット確認


マイナスドライバーで、スロージェットを外しました。

パーツ分解&洗浄


外せるバーツを外しましたので、チャンバー内に管理します。

パーツをちゃんと保管しておかないと、一つでも欠けたらそこで試合終了です。

ラベン キャブレタークリーナー

キャブレタークリーナーです。洗浄性が高そうなので、あえて泡タイプを購入しました。

Amazon | LAVEN(ラベン) キャブレタークリーナー 泡タイプ 420ml [HTRC2.1] メンテナンス | 車&バイク | 車&バイク
LAVEN(ラベン) キャブレタークリーナー 泡タイプ 420ml メンテナンスが車&バイクストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。


ジェット類をキャブクリーナーに30分ほど漬け込みました。これで汚れが落ちてくれる事を祈ります。


30分後キャブレタークリーナーを、パーツクリーナーで洗浄しました。

原状復帰


外した逆の順番でフロートまで戻します。

キャブレター洗浄が終了し、エンジンに装着します。


キャブレターホルダーを固定していない状態で、エアクリーナーボックスを装着して、ネジを落としたりと、同じ作業を何回も繰り返しました。

炎天下での作業は、集中力が欠けて危険ですので注意が必要です。

キャブレターホルダーが上手く締められない為に、タンクまで装着して、しまいにはキャブレターまで外す事になりました。

次回はキャブレターホルダーのネジは、緩めるだけにしておきたいと思います。

まとめ

キャブレターを洗浄した事で、始動は良くなりましたが、エンジンが温まっての、アイドリング上昇が抑えられないのは、フロートバルブのオーバーフローが考えられますね。

次回はキャブレターの簡易オーバーホールを行いたいと思います。

 

みなさんにとって、素敵なバイクライフが過ごせますように…。

コメント

  1. 影風響 より:

    コンチャー毎度お邪魔いたします。
    おやおや奇遇ですねオイラもキャブ整備したのよねー
    4発は大変ですね(^_-)-☆
    オイラも整備のUPしょっと。

  2. ピン より:

    影風響さんへ
    いつもコメントありがとうございます。
    ご無沙汰しております。最近インターネットが開通しましたので、
    ようやくブログを再開致します。
    バリオスⅡは、始動時のアイドリングが安定しませんので、
    キャブレターを清掃する事となりました。
    でもまだ問題が解消されませんので、
    今度キャブレターを簡易オーバーホールしたいと思います。

タイトルとURLをコピーしました