バリオス チタンマフラー バフ掛け

バリオス メンテナンス

こんにちは、ピンです。

 

今日はバリオスの年末メンテナンスを行いたいと思います。家事を終えてから、実家に行きます。

最後にあとがきもありますので、宜しければ最後までご覧ください。

 

作業難易度 ★★☆☆☆

作業費用  ★★☆☆☆

作業頻度  ☆☆☆☆☆

 

※素人が作業しますので、参考にされる方は自己責任でお願い致します。

バリオス メンテナンス


まずはエンジンオイル交換を行います。17mmのメガネレンチで時計回り(左側)に回します。
ココはネジが逆を向いていますので、間違えないようにしないと、オイルパンを破損する恐れがあります。


コインでオイルキャップを、反時計回しに回します。

チタンマフラー外し


オイルを抜いている間に、マフラーを外します。14mmのメガネレンチとソケットレンチで、ボルトとナットを外します。


エキゾーストパイプ付近のナットを10mmのT型ソケットレンチで外しますが、スタッドボルトに不具合がある為、作業が難航します。
次にマフラーを外す際は、スタットボルトとナットを交換したいと思います。スタッドボルトを外すには、TKCスタッドボルトリムーバーラスペネが必要です。

オイルフィルター外し


エキゾーストパイプが外れましたので、ようやくオイルフィルターを外す事が出来ます。
オイルフィルターレンチがあれば、オイルフィルターを楽に外せそうですが、毎回使用するものじゃないので、購入を見送っています。

オイルフィルター交換


今回は、N.T.Bのオイルフィルターに交換します。オイルフィルターにこだわりはありません。でもマグネット式のオイルフィルターも使用してみたいです。

 


オイルフィルターをバリオスに装着しました。オイルフィルターを装着する際は、手で回せるいっぱいのトルクで締めます。

チタンマフラーバフ掛け


ココからエキゾーストパイプをバフ掛けしたいと思います。まずは中目のペイントハンターで磨きます。

イチグチ BS ペイントハンター 中目 80152
金属・サビ・塗料はがしに ワイヤーブラシと比べ約4倍の作業スピードを実現し、作業時の騒音も静か

ディスクグラインダーは、高儀 EARTH MAN 変速ディスクグラインダー100mmです。

Amazon | 髙儀(Takagi) 変速ディスクグラインダー EARTH MAN 100mm DGR-110SCA | DIY・工具・ガーデン
髙儀(Takagi) 変速ディスクグラインダー EARTH MAN 100mm DGR-110SCAがDIY・工具・ガーデンストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。

 


二本ともペイントハンターで、焼き色を落としました。ココまで結構時間が掛かって、近所迷惑気味です。


エキゾーストパイプをフェルトバフで磨いて、ピカールで仕上げました。
鏡面には程遠い仕上がりですが、マフラーなしで自宅に帰れませんので、時間を気にしながら、作業を進めます。

日本磨料工業 ピカール 金属磨き 300g 12100
ドアノブ、金属食器、金属仏具、アルミ、ステンレス、家庭用金物、真ちゅう、銅及びゴルフクラブ、自動車バイク等の金属部分に適しています。 【使用方法】 フタをとる前に缶ごとよく振ってください。 柔らかい布に適量を付け、汚れがとれるまで磨いてください。 充分磨けましたら別の柔らかい乾いた布でよく拭きとってください。


バイクシャンプーで汚れを落としてから、パーツクリーナーで脱脂して、ガスバーナーでエキゾーストパイプに焼き色を付けてみました。仕上がりが気になりますが、バリオスにエキゾーストパイプを装着させるのに時間が掛かって、装着写真は来年のブログをお楽しみください。

パーツクリーナーはまとめ買いがお得です。

エーゼット(AZ) パーツクリーナーイエロー840 Y005 6本組セット
非塩素系溶剤を主剤にした洗浄用のスプレーです 。ブレーキ装置の軸受、ギア、チェーン等、機械部 品に付着した油汚れを強力に落とします。

ガスバーナーは新富士バーナー パワートーチを使用しました。

新富士バーナー パワートーチ ガスバーナー 日本製 火力調節 炙り調理 溶接 火口径:22mm 小型 グレー RZ-730S
●瞬間気化方式で点火直後に炎が安定 ●即、全方向使用可能 ●簡単・安全装着のボンベホルダー ●空気調整レバーで1,300度の集中炎から900度のソフトな炎に調整可能 ●作業、料理、ホビー、レジャーに

あとはオイルを入れて、相方が帰る前に、自宅に帰ってきました。

まとめ

本来ならほかのパーツのバフ掛けや、洗車もしたかったですが、冬のメンテナスは時間との闘いなので、来年行いたいと思います。

あとがき

このチタンマフラーのバフ掛けは、かなりドキドキしたメンテナンスでしたね。結果は成功したので一安心ですが、今やっても成功するかは分かりません。成功の秘訣は十分な時間と丁寧かつ大胆な作業です。みなさんも参考にされて下さい。

 

みなさんにとって、素敵なバイクライフが過ごせますように…。

コメント

タイトルとURLをコピーしました