バリオス  クーラント液補充

バリオス メンテナンス

こんにちは、ピンです。

 

バリオスのシートを着脱するたびに、いつも気になってはいましたが、本日はついにクーラント液を注入したいと思います。
バリオスは水冷4気筒エンジンですので、たまにリザーブタンクを確認しないと、クーラント液切れでオーバーヒートする事がありそうです。

最後にあとがきもありますので、宜しければ最後までご覧ください。

 

作業難易度 ★☆☆☆☆

作業費用  ★☆☆☆☆

作業頻度  ★★☆☆☆

 

※素人が作業しますので、参考にされる方は自己責任でお願い致します。

バリオス メンテナンス


まずはシートを外します。シートロックキーシリンダーを鍵で開けます。


クーラント液がリザーブタンクの、ロアーレベルを下回っています。
去年クーラント液を入れ替えしていますので、一年で結構消費していますね。

ココのゴム栓をゆっくり剥がします。ゴムって経年劣化するとボロボロになりますが、このゴム栓はまだ使えそうでした。(メンテナンスを行う際は、ゴム製品は新品に交換したいです)

そのまま使えるクーラント


意見は分かれそうですが、私はホームセンターで購入した、安いクーラント液を使用しています。

古河薬品工業(KYK) ラクラククーラント 2L 緑 52-040
古河薬品工業 ラクラククーラント緑 2L 【品番:52-040】


漏斗を使用して、クーラント液を注入します。

グリーンパル PCロート 9cm クリア
グリーンパル PCロート 9cm クリア


ちょっとアッパーレベルよりも入れすぎましたが、入れすぎた事で、危険な事はなさそうなので、そのままにします。どうせそのうち無くなるでしょうw

メンテナンス終了


今後もメンテナンスは、欠かさないようにしますね。

まとめ

久しぶりのクーラント液補充でしたが、いつも簡単です。クーラント液補充は意外と忘れがちですので、夏前の確認を心がけると良いでしょう。そして2年に一回くらいは補充だけではなく、交換も心掛けたいですね。

あとがき

以前の記事はLLCと表記してありましたので、表記を統一する為に、クーラント液に変更しました。クーラント液の補充はバリオスにとって必須メンテナンスです。クーラント液補充を忘れてオーバーヒートになる前に、クーラント液を補充しましょう。

 

みなさんにとって、素敵なバイクライフが出来ますように…。

コメント

  1. 影風響 より:

    コンチワーです。
    クーラント入替お疲れ様です。
    え~オイラの乗っているバイク久々にクーラントみましたがー
    タンク空欠状態でしたー。

  2. しん♪ より:

    LLC補充ですか。
    私もついこの間行いました。
    ついつい入れすぎてしまいますよね。
    私の場合、入れすぎて走行後、排出用ホースからポタポタこぼれてました。
    一瞬見たとき、何事かと焦りましたが。笑
    写真にもあるラジエーターキャップ、入れづらい…。

  3. ピン より:

    影風響さんへ
    いつもコメントありがとうございます。
    リザーブタンクが空欠状態でも、ラジエターやパイプに多少は、
    クーラントが入っていると思いますが、無理は禁物です。
    本来はバイク用のLLCを注入すべきでしょうが、
    メンテナンス貧乏の私は、出来るだけ安上がりにしました。

  4. ピン より:

    しん♪さんへ
    コメントありがとうございます。
    LLCは去年入れ替えましたので、今年は補充のみとしました。
    本来はバリオスを水平状態で、LLCを補充すべきでしょうが、
    私はメンテナンススタンドを所有していませんので、
    サイドスタンド状態で、LLCを補充しては、
    バリオスを水平にしてを、何回か繰り返すうちに、
    アッパーレベルより入れすぎましたので、次回の走行で、
    ホースからLLCがこぼれるかもですw
    確かにラジエーターキャップも、LLCが入れづらいですね。
    なので100均の漏斗を使用しました。

タイトルとURLをコピーしました