バリオス ヘッドライトステー左側 バフ掛け

バリオス メンテナンス

こんにちは、ピンです。

最近事故によるヒザの痛みは無くなってきましたが、乾燥肌による痒みで、イライラしておりますw

今日はバリオス ヘッドライトステー左側をディスクグラインダーで、バフ掛けしたいと思います。他にもジェネレーターカバーもバフ掛けしましたが、また後日ブログに公開したいと思います。

作業中は動画を撮影していますので、いつか動画公開したいとです…。ボソ

バリオス ヘッドライトステー左側 バフ掛け


ヘッドライトステーをバフ掛けします。

白棒+フェルトバフ


白棒から始めて、ステー半分だけバフ掛けしました。皆様は違いが分かりますでしょうか?


バフ掛け白棒が終了しました。白棒だけでもキレイになりましたね。

青棒+フェルトバフ


次は青棒でバフ掛けしていきます。


青棒のバフ掛けが終了しました。アルミバフ掛け特有のヌルっと感が出てますねw

仕上げはピカール


仕上げにピカールで磨きます。少しくすんだ感じですが、青棒を完全に除去しないと、汚れて見えますので、致し方ありません。


まあまあ鏡面になったかと思います。これ以上鏡面化を目指すなら、きっちりと下地を作らないと、なかなか難しいとは思います。

まとめ

パーツ的にも作業面積が小さく、平面が多くて楽な作業ですが、完全鏡面化の道は、果てしなく遠く長い道のりです。しかもこのままですと、すぐにアルミ錆が出てきますので、定期的に青棒やピカールで仕上げたいですが、なかなか時間が作れません。
影風響さんのようにクリア塗装する手も考えていますが、この状態で終わらせたくないのが正直な気持ちです。次はジェネレーターカバーのバフ掛け編となります。

あとがき

ヘッドライトステーは元々サンドペーパーでの水磨ぎをしっかりやっておりませんでしたので、あまり綺麗な仕上がりになるとは思いませんでした。また機会があればバフ掛けしたいと思います。

 

みなさんにとって、素敵なバイクライフが過ごせますように…。

コメント

タイトルとURLをコピーしました