バリオス ヘッドライトステー 手バフ

バリオス メンテナンス

こんにちは、ピンです。

 

今日はバリオスメーター交換に引き続き、バリオスヘッドライトステーの、手バフを行いと思います。

手バフとは、アルミパーツをサンドペーパーを使って手で磨く、私の造語です。

最後にあとがきもありますので、宜しければ最後までご覧ください。

 

作業難易度 ★★☆☆☆

作業費用  ☆☆☆☆☆

作業頻度  ☆☆☆☆☆

作業根性  ★★★★★

バリオス愛 ★★★★★

 

※素人が作業しますので、参考にされる方は自己責任でお願い致します。そして参考にされた方は、コメントをお願い致します。

手バフ


360番の耐水サンドペーパーで、ステーを磨きます。


360番で、2時間近く磨きました。いつもならもっと若い番号から始めますが、相方が帰ってくる前に作業を終わらせる必要がありますので、妥協して作業しますw

サンドペーパー 600番


360番の次は、600番で磨きます。


600番を30分かけて磨き終わりました。このままでもヘアライン仕上げで、綺麗な状態ですが、反対側と合わせるために、最後まで磨きます。

サンドペーパー 1000番


600番の次は、1000番で磨きます。ここからは力をいれずに磨かないといけません。無心で磨きます。


1000番が磨き終わりました。アルミの質感は素晴らしいですね。ちなみにこの間に三男君が帰ってきました。そろそろ相方が帰ってきそうなので、作業を急ぎます。

サンドペーパー 2000番


2000番で磨きます。2000番では、全方向に磨いて、磨き傷を消していきます。

2000番が磨き終わりました。


これでサンドペーパー作業は終了です。これから仕上げに取り掛かります。

仕上げはピカール


ピカールで仕上げていきます。


ピカールで仕上げて、手バフ終了です。傷は残りましたが、アルミ特有の質感がたまりません。これをおかずにご飯が食べれるなら、あなたも変態の領域ですwww


鏡面にはまだまだ磨きが足りませんので、明日フェルトバフでさらに仕上げたいと思います。

 

まとめ

手バフは大変時間が掛かる作業です。予め終了時間を予測して作業する事をお勧めします。さもないと私みたいに作業終了の片付け時に相方は帰ってきて、私と口論になって、三男君と一緒に出ていく事になるからです…。アセ

あとがき

手バフの若番は大変苦痛な作業ですが、後番ではその苦痛が快感になるような綺麗さに仕上がりますので、皆さんも一度は手バフを試してみてはいかがでしょうか?

 

みなさんにとって、素敵なバイクライフが過ごせますように…。

コメント

タイトルとURLをコピーしました