雨雲を避けながら、八女マスツーリング

福岡 マスツーリング

こんにちは、ピンです。

 

今日の熊本市内はあいにくのですが、昼から曇りのち晴れということで、相方と一緒に八女を目指したいと思います。

最後にあとがきもありますので、宜しければ最後までご覧ください。

出発

朝11時ごろ熊本市内を出発しました。産業道路を東の方角に走ります。


ここら辺は実家の近くですね。(特に実家に用はありませんので、先を急ぎます)


産業道路を直進すると、国体道路に変わります。遠くに「うまかな・よかなスタジアム」が見えます。(ネーミングライツとは言え、以前のKKウイングのほうが親しみがあります)そのまま国体道路を直進し、国道443号線を走ります。大津町下町の交差点を直進しますと、熊本県道207号線を走ります。
熊本県道207号線を左折し、国道57号線を走り、ミルクロードへ左折します。そこでポツポツと小雨が降ってきました…。

 

ピン
『チッ!やっぱり降りだしたか!』

 

相方
『大観峰経由はやめて、菊池経由で行こう。』

 

ピン
『了解w』

 

熊本県道339号線から左折し、熊本県道23号線に変わり、菊池方面を目指します。(熊本県道23号線は走りやすい道です)


旭志郵便局を過ぎると、合志川に鯉のぼりが飾ってあります。(ココを見るなら、あそこにも見に行きたいな)

この辺から小雨が止みました。ヨシ

熊本県道23号線から菊池市内を経て、国道325号線を走るとこんな建物が見えてきました。

道の駅 七城メロンドーム


道の駅 七城メロンドームです。


最初の休憩はココにしましょう。いつものごとく道の駅の野菜を物色してると、昼前なのに野菜が売り切れ続出です。何も購入出来ずに、先を急ぎます。

道の駅【七城メロンドーム】公式サイト
阿蘇伏流水の湧き出る郷 七城町の道の駅【七城メロンドーム】。熊本~菊池~阿蘇へのドライブにお立ち寄りください。


国道325号線の鹿本高校付近です。このあたりから交通量が増えてきました。鹿本を抜けると、山鹿に到着です。

山鹿温泉さくら湯


コ、ココは…。ゴクリ


山鹿温泉さくら湯ですね。

山鹿温泉「さくら湯」 公式ホームページ | 山鹿ガイド
さくら湯は寛永17年(1640年)の肥後細川藩の山鹿御茶屋にその歴史の端を発し、明治初期の「山鹿温泉大改築」以降、明治31年(1898年)の道後温泉の棟梁による大改修等を重ねながら、昭和48年(1973年)に惜しまれつつ取り壊されるまで、山鹿温泉の元湯として市民の生活の中にあった温泉でした。

彩座


先に近くの彩座(いろどりざ)でランチします。


八千代座を思わせる内装です。


鏡板の松が描かれています。番傘と着物が、雰囲気作りに一役買っています。

馬刺重


馬刺重がなんと780円です。


ピンは熊本県民ですので、たまに馬刺しは食べますが、馬刺しのどんぶりは、初めてです。あっさりとした馬刺しに、濃厚の温かいタレが絶妙に絡み合い、とっても美味しかったです。
彩座のオーナーは山鹿ハーレークラブの事務局をやっていますので、ハーレー乗りの方は彩座に行ってみなっせ!

彩座 (山鹿市その他/郷土料理(その他))
★★★☆☆3.32 ■予算(夜):¥1,000~¥1,999

あし湯


さくら湯に浸かりたいですが、今日は足湯で我慢します。


誰も足湯に居ないので、のんびりするチャンスです。しかも山鹿温泉の足湯はタダです。


湯加減はかなりぬるめで、ゆっくり浸かれます。


後ろ髪を引かれる思いで、山鹿を後にします。国道325号線から、国道3号線を走り、小栗峠手前で、熊本県道13号線に右折します。熊本県道13号線を突き当りまで走ると、国道442号線に左折します。


この辺りに目的地がありそうですね。(吊橋が風化して、赤錆色になってステキです)


水面に赤橋が映ってキレイですね。


目的地の赤橋に来ました。

ハート岩


日向神ダムのハート岩です。


目の前の岩がハート型になってます。ちゃんと幸せの鐘を鳴らしました。


日向神ダムを後しに、国道442号線を走るとトイレに行きたくなったので
ココで休憩です。

ハート岩は遠くからでも一目瞭然!福岡・八女の絶景ビュースポットで恋愛祈願 | 福岡県 | LINEトラベルjp 旅行ガイド
福岡県の南端に位置する八女市は、自然豊かでお茶の産地としても有名です。そんな八女市で密かに人気のスポットが「ハート岩」。恋愛成就祈願のパワースポットとしても人気上昇中です。今回はドライブがてら、立ち寄れるおススメビューポイントからご紹介します。


おやつにドラ焼きを食べたら、松原ダムを目指します。ココでまた小雨が降ってきました…。松原ダムで右折し、国道212号線を走ると杖立温泉に到着です。

杖立温泉

杖立温泉です。ゴールデンウィークをわざとずらしましたので、観光客があまり居ません。撮影チャンスタイムです!

風が吹いていれば、鯉のぼりが泳ぎますが、贅沢は言えません…。

相方も写真を撮影していました。


足湯に浸かろうとすると、プロの方が撮影に来ています。


杖立温泉でも足湯はタダです。


山鹿温泉よりもお湯は温かいですが、ちょっとぬるいですね。

 

カメラマン
『あのう…。お二人を撮影しても宜しいでしょうか?』

 

ピン
『相方が良いなら、構いませんよ。』

 

相方
『後姿だけなら、大丈夫です。』

 

カメラマン
『ありがとうござます。』

 

ゆっくりするライダー二人と、プロのロケハンが小雨の中撮影した新番組が、
来週火曜日の15時からRKKで放送するそうです。撮影スタッフと挨拶を交わし、家路へと急ぎます。

杖立温泉(熊本県阿蘇郡小国町)
大分県阿蘇郡に位置する杖立温泉 観光協会のホームページ。はるか昔から泉質の良さが評判となり「湯治の街」として愛され、昭和のはじめには「九州の奥座敷」として歓楽街としてのにぎわいを見せた、古き良き歴史を感じる温泉街です。

ミルクロードは雨が降ってると判断し、小国で左折し、国道387号線を走ります。先ほど走った、国道442号線に戻りまして、また国道387号線を走ります。(国道387号線はとっても気持ちのイィ道です)


そろそろ日が暮れようとしています。

菊池市内まで戻ってきました。この辺で小雨が止みました。ヨシ
国道325号線を大津方面に走ります。

道の駅 旭志

道の駅 旭志で休憩です。

すでに18時を回っていますので、売店は閉まっていました。

ざっくりとした旭志駅ガイドマップです。あんまりゆっくりしてると、日が暮れるので先を急ぎます。

旭志村ふれあいセンター「道の駅」旭志 オフィシャルサイト | トップ
阿蘇の外輪山に抱かれた菊池市旭志。旭志は阿蘇の伏流水が湧き、春になるとあちこちで蛍が舞う自然豊かな町。四季折々の野菜や果物に、菊池ブランド牛である「旭志牛」を飼育する西日本有数の畜産王国です。また、熊本市内から車で約50分、国道325号線沿いにある「道の駅旭志」です。


国道325号線を走って、国道443号線を直進し、そのまま熊本県道36号線を走り、国道443号線に戻ります。


もう日は完全に暮れています。クレアで買い物をして、22時ごろ帰宅しました。
今日の走行距離は約263kmでした。

まとめ

今日は雨ながら足湯にも浸かり、日本一の鯉のぼりを見る事が出来ました。また足湯に浸かりに行きたいと思います。

明日はどこへ走りに行こうかなぁ~☆

あとがき

彩座の馬刺重は美味しかったですね。また彩座に行きたいと思います。

 

みなさんにとって、素敵なバイクライフが出来ますように…。

コメント

タイトルとURLをコピーしました