バリオスⅡ 右側ラジエターガード交換

バリオスⅡ メンテナンス

こんにちは、ピンです。

今日は一昨日届いた、バリオスⅡの右側ラジエターガードを、新品に交換していきたいと思います。ほぼ昨日の作業の続きですが、ブログの記事を更新する為に記事を分けました。最後におまけもありますので、宜しければ最後までご覧下さい。

まとめ

はぃ!皆さんいかがだったでしょうか?

バリオスⅡのラジエターガード交換が簡単ですので、一瞬で作業が終わりました。

ご覧頂き、まことにありがとうございます。

一応このあとあとがきに続きますので、お暇な方のみお付き合いください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・。・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あとがき

ネジを三本外してラジエターガード交換を交換するだけの内容ですので、あっさりと行くつもりでしたが、折角写真も用意しましたので、宜しければ最後までお付き合いください。まずは新品の右側ラジエターガードです。

ブログを始めた頃は、いつもこんなノリでしたので、久しぶりにふざけましたw

バリオスⅡ 右側ラジエターガード交換

まずは転倒の際のダメージで破損した、右側ラジエターガードを外していきます。傷が痛々しいですが、私の心のほうがもっと痛々しいです。

右側ラジエターガード 交換

T型ソケットレンチで8mmボルトを外します。

上部の8mmボルトも同様に、T型ソケットレンチで外します。

真ん中のヘキサゴンボルトM6を、愛用のリバースラチェットプラスヘキサゴンビットソケットM6で外します。

転倒した際のダメージで損傷した、古いラジエターガードを外しましたら、パーツクリーナーで裏側を洗浄します。

転倒のダメージがフレームにまで影響しておりましたので、ハンマーでフレームを板金します。

新品右側ラジエターガード装着

最初に真ん中のヘキサゴンボルトM6を、リバースラチェットで締めていきます。

上部の8mmボルトを、T型ソケットレンチで締めていきます。

最後に先程板金した箇所を、T型ソケットレンチで8mmボルトを締めていきます。

右側ラジエターガード 交換終了

新品のラジエターガードは、バフ掛けしたラジエターガードとはまた違ったカッコ良さがありますね。

おまけ(リアカウルのネジ交換)

先日リアカウルのネジが紛失しておりましたので、この際4本とも新品のネジに交換します。

シートを外し、リアカウルのネジ4本をチゼルドライバー プラス2で外します。

そして新しいネジに交換していきます。

カウルはプラスチックですので、そこまで高トルクで締めなくても大丈夫です。

でもちゃんと締めないとまたネジが落下する恐れがあります。

リアカウルのネジ交換 終了

これで2日に渡ったバリオスⅡ 純正パーツ交換作業は終了となります。

あとがきのまとめ

バリオスⅡ ファイナルエディション2007年モデルは、生産終了からすでに12年が経過しており、すでに無くなって純正パーツも多々あります。もしこのブログをご覧のバリオスⅡ乗りの方がいらっしゃいましたら、気になるパーツは先に購入しておくことをお勧めします。

本当に最後までご覧頂き、まことにありがとうございます。次回は冬のバイク乗りにとって、憧れている商品をご紹介したいと思います。

 

世界中のバリオスⅡ乗りにとって、素敵なバリオスⅡライフが過ごせますように…。

コメント

タイトルとURLをコピーしました