バリオスⅡ バッテリー交換

バリオスⅡ メンテナンス

こんにちは、ピンです。

昨日はバリオスⅡのバッテリーを充電しましたので、今日はバリオスⅡのバッテリーを交換したいと思います。簡単な作業ですが、途中でお隣さんと会話したりしていましたので、ほぼ同じ作業を2回行いました。どこか異変に気付いた方はコメントをお願い致します。

 

作業難易度 ★☆☆☆☆

作業費用  ★☆☆☆☆

作業頻度  ★☆☆☆☆

 

※素人が作業しますので、参考にされる方は自己責任でお願い致します。

バリオスⅡ バッテリー紹介

今回交換するバッテリは、台湾ユアサYTX7L-BSです。

YTX7L-BSはバリオス時代から使用しているバッテリーで、すでに2回目の交換となります。このバッテリーは2年ぐらいは使用できておりますので、安心して使用できるバッテリーだと思います。

バッテリー交換 使用工具

上からヴェラ チゼルプラスドライバー2番チゼルマイナスドライバー1番

コーケンZ-EAL リバースラチェットクイックスピナー10mmソケット

バリオスⅡ バッテリー外し

①まずはシートロックキーシリンダーにメインキーを差し込みます。

②シートを外します。

③サイドカウルを外す為に、チゼルプラスドライバー2番で、ネジを外します。

④反対側も同様に、ネジを外します。

⑤サイドカウルを外します。

⑥反対側も同様に、サイドカウルを外します。

⑦フューエルタンクを外さなくてもバッテリー交換できますが、分かり易くする為に、タンクステーを外す為に、10mmボルト4本を、リバースラチェットと10mmソケットで外します。

⑧フューエルホース2本と燃料計カプラーを外した後は、フューエルタンクを外します。

⑨フューエルタンクの裏側には、2本のホースがありますので、忘れずに外します。

⑩バッテリーを外す際は、必ずマイナス側からチゼルプラスドライバーでネジを外します。

⑪マイナス側を外しましたら、次はプラス側をチゼルプラスドライバーでネジを外します。

⑫これでバリオスⅡの古いバッテリーは外れました。

新旧バッテリー 比較

①左が古いバッテリーで、右が新品のバッテリーです。

②付属のナットを使用します。

③新品のバッテリーにナットを装着します。

④これでバッテリーの準備が整いました。

バリオスⅡ バッテリー交換

①バッテリーをバリオスⅡに装着し、プラス側を先にチゼルプラスドライバーで、ネジを締めます。

②プラス側を確実に締めましたら、次にマイナス側をチゼルプラスドライバー2番でネジを締めます。

③この状態でバリオスⅡが通電しているか確認します。

④ちゃんとバリオスⅡの通電が確認出来ました。

⑤フューエルタンクの裏側にホースを戻します。

⑥フューエルタンクの裏側のホースは2本ありますから、2本とも戻します。

⑦フューエルタンクの燃料計カプラーを接続します。

⑧フューエルタンクの細いホースを戻します。

⑨フューエルタンクのの太いホースを戻します。

⑩フューエルタンクステーの10mmボルト4本を、リバースラチェットと10mmソケットで締めます。

⑪サイドカウルを戻します。

⑫サイドカウルのネジを、チゼルプラスドライバー2番でネジを締めます。

⑬反対側のサイドカウルを戻します。

⑭反対側のネジを、チゼルプラスドライバー2番でネジを締めます。

⑮シートを戻します。

⑯シートを地面に向けて押します。

⑰これでバリオスⅡのバッテリー交換作業は終了です。

動画公開予定

ブログ更新をすると、動画編集が止まりますので、いつ動画公開出来るか分かりませんが、お急ぎの方はコメントを頂きますと、先に動画編集したいと思います。

まとめ

バリオスⅡのバッテリー交換作業自体は簡単ですので、皆さんも私みたいにバリオスⅡのバッテリーが上がって、地獄の押し掛けをする前に、新品のバッテリーに交換してみてはいかがでしょうか?

最後までご覧頂きまことにありがとうございます。

次のバリオスⅡメンテンナンスは、フロントフォーク オーバーホールリベンジとなります。今から気が重いですが、今後もいつでもバリオスⅡを安心して乗れるようにメンテナンスを行って行きたいと思います。

 

みなさんにとって、素敵なバイクライフが過ごせますように…。

コメント

タイトルとURLをコピーしました