バリオス エンジンオイル交換

バリオス メンテナンス

こんにちは、ピンです。

 

バリオスも50,000kmを迎えましたので、そろそろオイル交換をしたいと思います。

最後にあとがきもありますので、宜しければ最後までご覧ください。

 

作業難易度 ★★☆☆☆

作業費用  ★★☆☆☆

作業頻度  ★★☆☆☆

 

※素人が作業しますので、参考にされる方は自己責任でお願い致します。

バリオス エンジンオイル交換


今回使用するオイルはカストロール パワーワン 4リットルです。

カストロール エンジンオイル POWER1 4T 10W-40 4L 二輪車4サイクルエンジン用部分合成油 MA Castrol
◆進化した加速性能加速性能を強化したこのオイルは、フリクションを低減し、エンジン内部の摩耗を抑制します。アクセルを開けたその瞬間から進化した加速性能を発揮します。小~中排気量の高回転・高性能4サイクルバイクに最適で、街乗りから高速ツーリングまで幅広いライディングが楽しめます。 / ■ 仕 様 ■性能レベル:JASO M...

廃油用にオイルパックリ 2.5リットル用を使用します。

【Amazon.co.jp限定】 エーモン ポイパック(廃油処理箱) 2.5L 4928
【Amazon.co.jp限定】 エーモン ポイパック(廃油処理箱) 2.5L 4928が車&バイクストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。

今回からオイルジョッキを使用します。前回オイルを入れすぎたので、今回はちゃんとオイルの量を量りたいと思います。

古河薬品工業(KYK) オイルジョッキ 1L 90-001
古河薬品工業 オイルジョッキ 1L 【品番:90-001】

ちゃんとドレンパッキンも交換しますが、車用です。(昔買ったモノが残ってました)

DAYTONA(デイトナ) バイクドレンワッシャ オイルドレンボルト用(M12×10枚) 75420
メ ー カ ー デイトナ 商 品 名 オイルドレン用ワッシャ M12×10枚 品番 75420 商品内容 ■表面にアンティスティックコーティングを施した高級ドレンガスケット。4輪メーカーなどで多く採用されています。■厚さおよそ1.7m/m※デイトナオイルクリーンボルトと同時装着は出来ません。専用品をご使用下さい。■サイ...

作業開始


コレがドレンボルトですね。


指を刺している方向へ17mmのメガネレンチを廻します。(自分から見て、ドレインボルトを時計回りに緩めます)


ある程度ドレインボルトをメガネレンチで緩めましたら、オイルぱっくりを廃油口前に配置して、手でドレインボルトを緩めます。


ココまでドレインボルトを緩めましたら…。


ドパっと古いオイルが流れ落ちます。ドレインボルトをちゃんと掴んでないと、廃油の海からドレインボルトを救出しないといけません。


古いオイルがある程度流れ出したら、オイルの給油口を開けます。(本当はなんて言う名称なんでしょうかね)ちなみにドレンパッキンでは緩めれませんでした…。


ちょうど小銭を切らしていましたので、ちょうどいぃ六角レンチで指の方向へ廻します。(反時計回りです)


ココから新しいオイルを入れます。


左が古いドレンパッキンです。右が新しいドレンパッキンです。かんなし手ルクレンチで締めていましたね…。(いい加減トルクレンチが欲しいです)


新しいドレインパッキンをドレインボルトに装着しました。


まずは指でドレインボルトを締めていきます。


ココまでドレインボルトを締めたら、メガネレンチの出番です。


指の方法へメガネレンチを使い、ドレンボルトを廻していきます。(自分から見て、反時計回りですね)ドレンボルトを付近をパーツクリーナーで、キレイにしておくと、オイル漏れが分かりやすいです。

Amazon | AZ(エーゼット) CBP-001 High Power ブレーキ&パーツクリーナー 840ml(AW808)×4本 SE174 | ブレーキクリーナー | 車&バイク
AZ(エーゼット) CBP-001 High Power ブレーキ&パーツクリーナー 840ml(AW808)×4本 SE174がブレーキクリーナーストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。

エンジンオイル投入


今回はオイルフィルターを交換しませんので、規定値の2.1リットルをオイルジョッキで量ってます。まずは1リットルですね。


給油口から新しいエンジンオイルを注いでいきます。


これで2リットルまで量れました。


2リットル目を給油口から注ぎます。


規定値ではあと0.1リットルです。


規定値まで新しいオイルを入れたら、蓋を軽く締めておきます。(ガッツリ締めたら、緩める時がめんどいからです)


5分ぐらいアイドリングします。(スピードメーターパネルだけ、色落ちしてるのが気になりますね)


アイドリングのまま5分放置しましたが、ちょっとオイルが足りないみたいですので、あと0.1リットル追加します。(望まないアンコールを受ける気分です)


また5分ぐらいアイドリングして、車体を立ててオイルの量を確認すると、
ちょうどいぃぐらいにオイルが入りました。これでオイル交換が完了です。
作業時間は1時間ぐらいでした。(ブログを更新するほうが時間掛かりました)

まとめ

オイル交換の手順などが、マニュアルとは違う恐れがありますので、
自分でオイル交換される方は、自己責任でお願い致します。

あとがき

エンジンオイル交換は初めてではありませんが、このブログでは初めての公開だったみたいですのね。今後もエンジンオイル交換は自分で行って行きたいと思います。

 

みなさんにとって、素敵なバイクライフが出来ますように…。

コメント

  1. 影風響 より:

    おはようございますです。
    オイル交換お疲れ様です。
    慣れてしまえば、なんちゃーない事ですがねー
    オイルの汚れ具合を見ますと、そこに色々情報が見えてくるんですねー。

  2. ピン より:

    影風響さんへ
    コメントありがとうございます。
    私が以前車を所有してた時は、
    カーショップにオイル交換お任せでしたが、
    バイクは自分でオイル交換すると、
    バイクの状態が分かるので、
    3,000kmを目安にオイル交換しています。
    今回はあんまりオイルが汚れてなかったので、
    次のオイル交換は4,000kmを目安にしても良さそうですね。
    しかし私にはパワーワンの効果は、
    さほど実感できませんでした…。ボソ

タイトルとURLをコピーしました