平成28年 熊本地震益城町慰霊祭

イベント

こんにちは、ピンです。

 

7月24日に益城町文化会館で、平成28年熊本地震益城町慰霊祭が行われました。

最後にあとがきもありますので、宜しければ最後までご覧ください。

平成28年熊本地震益城町慰霊祭


熊本地震で亡くなられた方のご冥福をお祈り申し上げます。



お別れの言葉を、袖中で聴いていますと、涙が出そうでした。

まとめ

久しぶりの本番でしたが、感慨深い慰霊祭となりました。

あとがき

この時は袖中で本番を確認していますと、本当に涙が出そうでしたが、涙を流してよいのは、くまもと森都心プラザのプラザホールが再開した一日だけと決めていましたので、泣かないように頑張りました。まだまだ熊本県は復興出来ておりませんので、今後も復興に向けて頑張りたいと思います。

 

みなさんにとって、心からの復興が出来ますように…。

コメント

  1. 影風響 より:

    毎度今日はです。
    小生今回コメントをするにあたり、自問自答し随分悩み考えまして
    コメントさせて頂きました。
     「慰霊祭」は大切ですね。
    紙一重にして生と死が分かれ、死に逝く者・生かされる者に別れ
    何と不条理な物か。
     生かされた物の宿命、いや運命・・・・
    宿命と、とらえられば避けられないですが、運命として受け入れれば、人の思い・思考・etc・を受け継ぎ、親から子へ子から孫へ
     そして、意志を継ぐ者、育む者が此れから先続いて行くのですね。
     何れにせよ、故人となりました方々を思いますと、涙が拭えないのも事実です。
     改めてこの場を御借りしまして、
    「亡くなられた多くの方々のご冥福をお祈り申し上げます」

  2. ピン より:

    影風響さんへ
    いつもコメントありがとうございます。
    慰霊祭は亡くなった人へのお別れの場所ですので、
    私もいつになく真剣なまなざしで、担当させて頂きました。
    遺族代表の松野良子さんのお別れの言葉は、
    熊本地震への憤りや、復興へ向けての苦労も、
    一人で背負っている問題じゃないと考えさせられました。
    そんな歴史的な瞬間に立ち会えた事と、自分の仕事や、
    職場の仲間たちに感謝し、生かされた命の重みを感じながら、
    一日も早い復興を目指したいと思います。

タイトルとURLをコピーしました