バリオスⅡ リアブレーキフルード交換

バリオスⅡ メンテナンス

こんにちは、ピンです。

先日バリオスⅡをメンテナンスした第三弾です。前回のフロントブレーキフルード交換と引き続き、バリオスⅡのリアブレーキフルードを交換しました。初めての作業で、戸惑いがありましたが、無事にブレーキフルードを交換することが出来ました。リアブレーキフルード交換をご確認下さい。

 

作業難易度 ★★☆☆☆

作業費用  ★☆☆☆☆

作業頻度  ★☆☆☆☆

 

※素人が作業しますので、参考にされる方は自己責任でお願い致します。

メンテナンス道具準備

今回準備した道具です。他にも2番のプラスドライバーやティッシュを使いました。

カワサキ純正 ブレーキフルード

カワサキ純正ブレーキフルードです。これが無ければブレーキフルードは交換できません。もちのロンでカワサキ純正をチョイスしました。初めてですのでこだわりはありませんが、は黙ってカワサキです。

ストレート ブレーキブリーダーボトル

ストレート製のブレーキブリーダーボトルです。ブレーキフルード交換は、初めてする作業ですので、アマゾンで評価の高かったストレート製をチョイスしました。結論から言うと使い易かったですが、ニップルアダプターのゴムがもう少し硬かったら、もっと良かったかもしれません。

10mm コンビネーションレンチ

工具セットにあったノーブランドの10mmコンビネーションレンチです。メガネレンチが必要でしたので、有りものを使用しました。まぁ使えない事もなかったですが、もし次に買うなら、スナップオン製を使ってみたいですね。

2番プラスドライバー

サイドカウルを着脱する際に使用する、2番プラスドライバーです。

私は固着したネジを回す為に、色々な工具を購入しましたが、ドライバーは基本的にヴェラ製のチゼルドライバーを使用します。ネジを大量に回すなら、チゼルじゃないほうが軽いので良いのですが、こちらのほうが程よい重さもあり、押す力が掛けやすいのがポイントです。

ウォーターポンププライヤー

工具セットにあったノーブランドの、ウォーターポンププライヤーです。

個人的には掴んだものを傷付けますので、あまり使用したくないですね…。アセ

次に購入するならクニペックス製を使ってみたいです。

ティッシュ

これは説明は不要ですが、一部屋に一つは欲しいティッシュです。古いブレーキフルードを吸い取るために使用します。

ウェスでも代用可能ですが、ティッシュのほうがコストパフォーマンスは高いと思います。

ブレーキフルード交換準備

まずはシートを外します。シートロックキーシリンダーに鍵を差し込んで回すだけです。

サイドカウルのネジ外し

2番のプラスドライバーで、サイドカウルのネジを外します。

サイドカウル外し

サイドカウルは、バリオスⅡに対して平行方向に引き出しますと、サイドカウルが外れます。ブッシュの状況によっては、外しにくい場合がありますので、適度な力でサイドカウルを引っ張る必要があります。

サイドカウルを強く引っ張ると、サイドカウルを破損する可能性がありますので要注意です。

リザーバータンク蓋外し

リザーバータンクの蓋を手で開けれませんでしたので、ウォーターポンププライヤーで開けました。
ウォーターポンププライヤーで蓋を強く握りますと、蓋に傷が付く恐れがあります。
ある程度蓋を緩めましたら、手で蓋を回して外します。併せて内蓋やダイアフラムも外しましょう。
ダイアフラムを外す際は、ブレーキフルードをこぼさないようにしましょう。
リザーバータンクの蓋を外しました。現在のブレーキフルード量を確認しておきましょう。

古いブレーキフルード吸い取り

フロントブレーキフルード交換同様、ティッシュで古いブレーキフルードを吸い取ります。

エア抜きポンプがあれば難なく作業できると思います。次回は購入しましょうかね。

ブレーキフルード補充

リザーバータンクにブレーキフルードを補充します。補充量はアッパーラインぐらいにしておきましょう。

リザーバータンク養生

ブレーキフルードの補充が終わりましたら、リザーバータンクを濡れ雑巾で養生します。
本来なら最初に行うべきでしょうが、ブレーキフルードの補充量が分からなくなる為、ブレーキフルード補充後に養生しました。

ブレーキフルード排出準備

フルードキャップを手で外します。
ラジオペンチでも良いですが、フルードキャップに傷が付くのを恐れました。

レンチ装着

ブリードスクリューボルトに、10mmコンビネーションレンチを装着します。あとで90度ほど緩めますので、装着位置に注意してください。
ブリーバルブにニップルアダプターを装着前に必ず、レンチをして下さい。

ニップルアダプター装着

ブリードバルブに、ニップルアダプターを装着します。

ブレーキフルード排出&エア抜き開始

先に右手でブレーキペダルを押し込みます。
左手でレンチを緩めて、エア抜きしております。

ブレーキフルード補充

ブレーキフルードを補充していきます。補充量はアッパーラインとロアーラインの中間にしておきます。

原状復帰

ニップルアダプターブリードバルブから外します。

レンチ外し

10mmコンビネーションレンチを、ブリードスクリューボルトから外します。

フルードキャップ装着

フルードキャップを、手でブリードバルブに装着します。

ダイアフラム装着

リザーバータンクにダイアフラムを装着します。
ダイアフラムを装着の際も、ブレーキフルードをこぼさないようにしましょう。

内蓋装着

リザーバータンクに内蓋を装着しました。

外蓋装着

リザーバータンクに外蓋装着して、交換作業は終了ですが、最後にサイドカウルやシートカウルを戻します。

サイドカウル装着

サイドカウルの装着位置を確認しながら、バリオスⅡに装着していきます。
あまり力を入れ過ぎるとサイドカウルを破損する可能性がありますので、要注意です。

ネジ装着

2番のプラスドライバーで、ネジを一本締めます。

シート装着

バチンと音がするまで、シートを装着します。
これでブレーキフルード交換作業は終了です。最後に洗車をしてバリオスⅡを綺麗にしました。
走行前にリアブレーキが、確実に効くか確認して下さい。

動画公開

作業風景はいかがだったでしょうか?

宜しければ高評価チャンネル登録も宜しくお願い致します。

前回のフロントブレーキフルード交換のブログ記事の併せてご確認下さい。

まとめ

初めてのリアブレーキフルード交換でしたが、意外と簡単でした。と言うか加減が分かっていれば、15分ぐらいで終了する作業だと思います。ブレーキは重要保安部品の一つですので、不安な方はバイクショップでプロの作業を頼みましょう

最後までご覧頂きまして、まことにありがとうございます。

次回はバリオスⅡの、クーラント液を補充したいと思います。

みなさんにとって、素敵なバイクライフが過ごせますように…。

コメント

タイトルとURLをコピーしました