バリオスⅡ フロントフォーク オーバーホール 組み上げ編

バリオスⅡ メンテナンス

こんにちは、ピンです。

 

前回はバリオスⅡのフロントフォーク 分解まで行いましたので、今回はフロントフォークをオーバーホールしていきます。結論から言うと失敗でしたので、次回リベンジする為の記事となります。写真の枚数が多い為、記事を分けたいと思います。

 

作業難易度 ★★★★☆

作業費用  ★★☆☆☆

作業頻度  ☆☆☆☆☆

 

※※素人が作業し失敗していますので、参考にされる方は自己責任でお願い致します。

バリオスⅡ フロントフォーク オーバーホール

前回はバリオスⅡのフロントフォークをここまで分解しました。これから交換すべき純正パーツで組み上げ、フォークオイルを入れて、フォークトップを締めたいと思います。

インナーチューブ 準備

①まずはインナーチューブに、新品のインナーブッシングを下側から入れます。

インナーチューブの下側に、インナーブッシングがぴったりはまる溝がありますので、そこにぱっちりインナーブッシングを装着します。

②次はインナーチューブに、上からブッシングを入れていきますが、先にインナーチューブにフォークオイルやシリコングリースを塗布しておくと、インナーチューブに傷が付きにくいです。

①と②の順番は、逆でも良いかもしれません。

③次はインナーチューブに、再利用するワッシャーを入れていきます。

④ここで問題のサランラップの登場です。

インナーチューブに、サランラップを巻く場合は、綺麗に巻いて下さい。

⑤インナーチューブにサランラップを汚く巻きました。長男君が来ていましたので、気持ちが焦っていたのは言い訳にはなりません。

このやり方ではフォークオイルが漏れます。もっとオイルシールを大事に扱うべきでした。インナーチューブに点錆が無い場合はトップの部分だけ綺麗にサランラップを巻くほうが良いです。点錆がある場合は、2,000番手のサンドペーパーとコンパウンドで研磨したほうが良いです。でも磨く方向はインナーチューブの横方向に磨いて下さい。くれぐれも磨き過ぎには注意して下さい。

⑥サランラップの滑りを良くする為に、シリコンスプレーを使用します。

 ⑦サランラップを巻いたインナーチューブに、シリコンスプレーを塗布します。

⑧こんな状態でオイルシールを入れると、オイルシールに傷が付きます。だから私は失敗しました。

⑨これでオイルシールにダメージが入りまして、フォークオイルが漏れるようになります。

⑩当時の私は失敗にも気づいていませんので、インナーチューブのサランラップを外します。

⑪反対側も失敗に向かって行きます。インナーチューブにインナーブッシングを下側から入れます。

⑫次はインナーチューブに、ブッシングを上部から入れていきます。

⑬サランラップをインナーチューブに巻いていきます。

⑭どうせサランラップを巻くなら、綺麗に巻いて!

⑮そして効き目が無かったシリコンスプレーを、サランラップの上から塗布します。

⑯こちらがこれから無駄にする、オイルシールの上側です。

⑰こちらがこれから無駄にする、オイルシールの下側です。これから失敗が待っています。

⑱オイルシールがサランラップで傷つき破損してしまいました。これだけオイルシールがもろいパーツなら、もっと考えて作業すべきでした。

⑲サランラップを外していきます。これでインナーチューブの準備は終了です。

インナーチューブ 取り付け

①次にカラーを入れていきます。入れる向きは指を差し込んでいる方向が上になります。

②カラーを入れたアウターチューブになります。

③次はインナーチューブをアウターチューブに入れていきます。

④次はシリンダーをインナーチューブ内に入れていきます。入れる方向は左手側が上です。

⑤次はストレート製オイルシールプッシャーを使用します。

⑥アダプターをオイルシールが傷つかないようにセットして、上からアルミのパーツでコツン・コツンと叩きます。

40φ塩ビ管でも代用できるみたいですが、使用済みの40φの塩ビ管が家にあるのが嫌なので、オイルシールプッシャーを購入した次第です。

⑦オイルシールの上部が、次に装着するスナップリングの溝を下回ったら、オイルシール圧入終了です。

⑧スナップリングをアウターチューブに入れます。

⑨スナップリングがアウターチューブの溝に入り、固定出来ました。

⑩このタイミングで入れるかは分かりませんが、インナーチューブ内に、フォークスプリングを入れます。

⑪インナーチューブにシリコンスプレーを塗布し、次のダストシールが入りやすくします。

⑫もちろんこのダストシール:92093-1421も、新品に交換します。

⑬もしかしますと、このダストシールの作業もインナーチューブに、フォークオイルを塗布したほうが良いかもしれません。次回試してみます。

⑭これでダストシールがアウターチューブに装着できました。

⑮反対側も同様に作業を進めます。

⑯アウターチューブ下部の6mmボルトを締める為に、フォークトップをインナーチューブに入れます。パッキンはまだ交換しなくても良いですが、気持ち程度にフォークオイルを塗布しておくと良いです。

⑰フォークトップを締める場合は、フォークトップを上から下に抑えながら、インナーチューブを回しましょう。

⑱新品の銅ワッシャー:44045-051に交換した、6mmのヘキサゴンボルトです。

⑲新品の銅ワッシャーに交換した6mmのヘキサゴンボルトを、KTC3/8(9.5mm)6mmロングヘキサゴンビットソケットとリバースラチェットで締めます。

ここでも中強度のネジロック材を購入しておりましたが、結局使用しませんでした。そんなにフォークオイルが漏れてこないと思いますが、次回のリベンジ編では中強度のネジロック材を使用したいと思います。

⑳フォークオイルを入れる為に、フォークトップを外します。

フォークオイル注入

①キジマのメスシリンダーで、フォークオイル量を計量します。バリオスⅡの場合は396ccみたいです。

後で使用するフォークオイルゲージの為に、400cc以上入れたほうが良いかもしれません。
別にキジマ メスシリンダーじゃなくて100円均一の計量器でも問題ないですが、蓋があるのが購入の決め手でした。

②フォークオイルをエア抜きしたいので、フォークオイルを半分だけ入れてインナーチューブを上下に稼働しながら、フロントフォーク内部のエアを抜いていきます。

③フォークオイルをすべてインナーチューブ内に注入して、インナーチューブを上下に揺らした後は、フロントフォークを垂直に立たせた状態で15分ほど放置して、エア抜きします。

④反対側も同様に、フォークオイルを半分だけ入れます。

⑤インナーチューブを上下に稼働し、フロントフォーク内のエアを抜いていきます。

⑥インナーチューブ内に、最後までフォークオイルを注入して、直立にした状態で15分ほど放置します。

⑦後で気づきましたので、景色が暗くなっておりますが、フォークオイルレベルゲージを、バリオスⅡの規定である、113mmにセットします。

⑧インナーチューブ内からフォークスプリングを抜き取り、フォークオイルレベルゲージをインナーチューブ内にセットします。

⑨113mmのレベルよりも油面が高い場合は、スポイトで吸い取る構造です。単純な構造ですが、かなり使い易い特殊工具です。

フロントフォーク 仕上げ

①フォークオイルの油面が左右揃いましたら、インナーチューブ内に、再利用するフォークスプリングを入れていきます。

②次にフォークスプリングの上に、再利用のワッシャーを乗せます。

③ここでフォークトップのオーリング:92055-1500を、新品に交換しフォークトップオーリングにフォークオイルと塗布します。

④ワッシャーの上に、再利用のカラーを入れて、フォークトップで蓋します。

⑤動画撮影の関係上、こんな体形で作業を行っていますが、立ってからフォークトップを、1/2(12.7mm)24mmソケットととリバースラチェットで締めます。

仮締めが終わったフロントフォークは地面に対し垂直に立てかけて下さい。

この状態で締める時は、仮締めぐらいで大丈夫です。
⑥反対側も同様に、フォークスプリングをインナーチューブ内に入れていきます。
⑦次は再利用のワッシャーを乗せます。
⑧次は再利用のカラーを入れます。
⑨新品のフォークトップオーリングに交換したフォークトップを最後に蓋します。
⑩ここでは2回目ですので、ちゃんと立ってフォークトップを仮締めしています。
⑪最後に6mmのヘキサゴンボルトを戻していきます。
⑫戻す場所はココです。
完全に締める必要はありません。

まとめ

これでバリオスⅡのフロントフォーク オーバーホールは終了となります。初めて行うメンテナンスですので、色々と失敗がありましたが、失敗をする度に私の整備力が上がりますので、今後もくじけずにバリオスⅡのメンテナンスを行いたいと思います。
そして次回の記事でバリオスⅡにフロントフォークを装着していきます。

全てのバリオス乗りにとって、整備力が向上しますように…。

コメント

タイトルとURLをコピーしました